マキキおきらく日記

ショコラにうつつを抜かす日々・・・ ボルドーからパリへ引っ越しました~
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ フランス到着〜TOPフランス準備 ≫ フランス到着〜

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

フランス到着〜

フランスに着きました〜

出発前はなんだかバタバタとしてしまい、
ブログも書きかけで更新できず。。
出発前に忙しい中時間を作ってくれたみなさまありがとうございました

そして引越はかなり大変でした
海外引越はかなりメンドクサイものでした〜
某大手引越会社他1社に見積もりを取ってもらいましたが
請求金額は、○十万〜(←恐ろしいです、ホントに
国内と違って値切れないとのインターネットの数々の情報
仕方がなく7社くらいの見積もりを取って
最終的に一番安くて安全そうなところへお願いすることに(それでもあんまり金額変わりませんが)
まぁベンリなのは国内のオマカセパックのように梱包はすべて引越屋さんがやってくれます
(といっても中身をすべてリストにしないといけないので勝手にはできないのです)
どうやら福島問題で航空便・船便ともに日本からの食べ物禁止だそうで(お酒とかすべてだそうです)

そんな感じで徹夜で引越準備をして無事日本を出発〜

今回はキャセイパシフィックだったので預けられる荷物は20?まで(しかも1個)
一番安全なのでここで日本食を
普通は洋服のなかにこっそり入れるのが安全なのだけど
トランクの中はすべて日本食(調味料とかね)
バレたらかなりまずいのですが〜 ハハハ

香港経由なので日本から来たとはバレないはず
(+フランスには早朝到着なのできっとフランス人は朝働いていないはず)
という感じで強行突破です

日本からの輸入が再開されているのかはいまいちよくわかりませんが
念のため調味料など手に入りにくそうなもの一式を持参しました〜
(アジア専門スーパーに行けばたぶん売ってると思うんだけど)

そしておそろしくまずい機内食を食べ(笑)、フランス到着〜
VISAも問題なかったようです(ここでも指紋チェックが)
とりあえずトランクは無事

しかしいつもはいないはずの税関の人がいる〜 (朝なのにフランス人働いているのか〜)
トランクの中をチェックしてる様子・・・
ドキドキしつつも何とか通過 (人によってチェックされるようです)

そんな感じで無事入国できました〜 (←あたりまえ)
せっかくなので空港にてラデュレの紅茶を購入(←関係ない。でも安いんですよ)


TGVに乗って(やっぱり40分くらい遅れました〜)ボルドーへ到着


時差ぼけと格闘しつつフランス入国1日目の素敵なディナーを食べました〜




そして時差ぼけの生活が続く・・・

スポンサーサイト

Comment

ありがとう~
編集
そうなの~
なんか原発の問題なのかよくわからないんだけど厳しくなってるみたい。
でもスーパーで意外と普通に日本食が買えるみたい
ゴハンはおいしいけど太りそうだよ~
2011年06月06日(Mon) 09:54
お疲れさま~
編集
フランス無事入国できてよかったね。
引っ越しほんと大変そう。。お疲れさま。
あとは無事に荷物が着くのを待つだけ。かな?
そっっかあ。。食品は持ち込みだめなのか。。封を開けてなければ大丈夫とかではないん?かな。。

おお。。素敵なディナー
おしゃれーー。

また続きを楽しみにしてます
2011年05月30日(Mon) 10:50
ぼんじゅ~る
編集
ありがとうございます~
お箸も無事でした~
引越は結局60万円+保険です~恐ろしいですね~航空便はもっと恐ろしいのでダンボール1個にしました~
聞いた話によると、引越の1週間前くらいにフランスへ食べ物を送った人は大丈夫だったということを聞いたので、送ってみると大丈夫なのかも知れません~
運、ですかね~フフフ
2011年05月29日(Sun) 11:25
ぼんそわ~る
編集
お引越し&フライト&入国、おつかれさまです~!
日本を離れる直前まで、バタバタしてたのですねー。
しかも、引越しも海外ともなると数十万単位になるとは、驚きですね。

それにしても、意外に海外では、食品に対しての警戒がここまで強くなっているとは思いませんでした~。。ちょっとかなしいです
2011年05月28日(Sat) 14:10












非公開コメントにする

Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。