マキキおきらく日記

ショコラにうつつを抜かす日々・・・ ボルドーからパリへ引っ越しました~
2011年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2011年06月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2011年05月
ARCHIVE ≫ 2011年05月
      

≪ 前月 |  2011年05月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

家探し〜

フランス生活にはまだ慣れていません(あたりまえ)

とりあえず大事なことから始めてます

移民局へ入国の書類を郵送するため郵便局へ
簡単だけど難しい。
手紙を送るだけなのに。
これを出して、返事が来たら健康診断とかして入国の手続きが終わるらしい。
これを3ヶ月以内に終わらせないと、不法滞在に
早く返事がくるといいけど。。。

フランス生活最初のランチは・・・

いろいろ移動して2時半だったせいか、ランチのお店がない
(フランスではランチの時間(2時くらい)を過ぎると、お茶はできても食事はできるお店が少ないのです)
そして通りがかりのカフェに入ることに。
お店の人はいい感じの優しそうな人。そしてラザニア。


しかし・・・マズい
冷凍か???
デザートのカヌレも見るからにヤバイ
残念なお店でした。



↑問題のお店はココ。名前からして気づくべきでしたヨ


日本では安くてもそこそこ食べられるお店がいっぱいあるのだけれど
フランスでは、まずい上に結構高い。
いつか「ボルドー不味いお店地図」を作ろう


お口直しにおいしいカヌレを



カエルバージョンも





ついでにアジア専門のスーパーへも行ってみた
匂いは完全にタイ(もしくは中国)(←どっちも行ったことないけど)
ジャポンコーナーは充実していました
あやしい日本食材もたくさんあるけど
日本と同じものも買えるみたい



ビールコーナーも充実してます。変なものもありますが



↑「生」と見えるビールは、ゆずと煎茶のビールらしい微妙です



途中でちょうど引越をしているところに遭遇



古い建物なのでほとんどエレベーターがないそうです
引越も大変です



そして家探し

こちらの不動産屋さんは土日に働かないらしい
さすがおフランス
みんなは平日に仕事を休んで見に行かないといけないのかな

そんなわけでとりあえず歩いて素敵な街を探してみる
そして募集中の部屋は「A Louer」と看板があるので、
気になるところで看板を探すしか週末にできることはないみたい



それかインターネット。
不動産情報は共通ではないらしいので、
ひとつずつ電話で聞かないといけない。
新聞でも募集しているけど、それもひとつずつ電話
写真がないので見てみるしかないのだけれど。
見つかるまで時間がかかりそう〜

それでも素敵なことはこちらのアパートはとてもかわいく家賃は東京より安い

早く見つかるといいな〜

スポンサーサイト

フランス到着〜

フランスに着きました〜

出発前はなんだかバタバタとしてしまい、
ブログも書きかけで更新できず。。
出発前に忙しい中時間を作ってくれたみなさまありがとうございました

そして引越はかなり大変でした
海外引越はかなりメンドクサイものでした〜
某大手引越会社他1社に見積もりを取ってもらいましたが
請求金額は、○十万〜(←恐ろしいです、ホントに
国内と違って値切れないとのインターネットの数々の情報
仕方がなく7社くらいの見積もりを取って
最終的に一番安くて安全そうなところへお願いすることに(それでもあんまり金額変わりませんが)
まぁベンリなのは国内のオマカセパックのように梱包はすべて引越屋さんがやってくれます
(といっても中身をすべてリストにしないといけないので勝手にはできないのです)
どうやら福島問題で航空便・船便ともに日本からの食べ物禁止だそうで(お酒とかすべてだそうです)

そんな感じで徹夜で引越準備をして無事日本を出発〜

今回はキャセイパシフィックだったので預けられる荷物は20?まで(しかも1個)
一番安全なのでここで日本食を
普通は洋服のなかにこっそり入れるのが安全なのだけど
トランクの中はすべて日本食(調味料とかね)
バレたらかなりまずいのですが〜 ハハハ

香港経由なので日本から来たとはバレないはず
(+フランスには早朝到着なのできっとフランス人は朝働いていないはず)
という感じで強行突破です

日本からの輸入が再開されているのかはいまいちよくわかりませんが
念のため調味料など手に入りにくそうなもの一式を持参しました〜
(アジア専門スーパーに行けばたぶん売ってると思うんだけど)

そしておそろしくまずい機内食を食べ(笑)、フランス到着〜
VISAも問題なかったようです(ここでも指紋チェックが)
とりあえずトランクは無事

しかしいつもはいないはずの税関の人がいる〜 (朝なのにフランス人働いているのか〜)
トランクの中をチェックしてる様子・・・
ドキドキしつつも何とか通過 (人によってチェックされるようです)

そんな感じで無事入国できました〜 (←あたりまえ)
せっかくなので空港にてラデュレの紅茶を購入(←関係ない。でも安いんですよ)


TGVに乗って(やっぱり40分くらい遅れました〜)ボルドーへ到着


時差ぼけと格闘しつつフランス入国1日目の素敵なディナーを食べました〜




そして時差ぼけの生活が続く・・・

ビザ取得〜

無職生活が始まったのでいろいろと更新を



先月やっとビザの申請に行ってきました〜 (←いまさらの更新)



急に学生ビザをとることになり
準備もあわててやりました〜
(ふつうは何ヶ月も前から準備するのですかね〜)

フランスの学生ビザは申請の前に「キャンパスフランス」で面接をしなくちゃいけないとのことで
なんだかいろいろ準備が大変でした。
学校を決める相談や留学の準備とかいろいろ自分でする人にとっては素敵なところなのだけれど
もう学校も生活の準備もできている人にとってはただ「メンドクサイ」システムなのです。

キャンパスフランスに登録して
履歴書とか志望動機とかいろいろ申請するのですが
これがまた大変で。。
英語かフランス語でしか登録ができないのです。。
これから勉強するというのに、ここでフランス語ができるのなら留学しなくてもいいのでは・・

簡単な文章で登録してみたところ・・・
軽く却下されました・・

再度長〜い文章で登録してました

その後、震災の影響でキャンパスフランスが閉鎖してしまい、
どうなることやら〜と思いつつ承認がおりるのを待ちました。。
マサカこのまま永遠に承認おりないのでは???との不安で
待ち切れず催促のメールをおくってみることに!
すると、意外にその翌日には承認がおり、面接の予約ができました〜
そして大使館の申請の予約も同時に


そして緊張の面接&ビザ申請



初の大使館!
入口でセキュリティーチェックを受け、中に。
綺麗なところでした。大使館。

担当は日本人の若い女の人でした ヨカッター
とりあえず応募していた内容にそって質問が。
履歴書・志望動機・今後の展望などを確認するためのものみたいです。
そして帰国後の希望も。(←もちろん何も考えていないので適当な怪しい答えに)

最後にフランス語で自己紹介を〜と
他の人のブログをチェックしたところいろいろ情報があったので
ちゃんと文章を考えていったのですが、それについての質問がフランス語で・・・
早すぎて聞き取れませんでした〜

そんなこんなでなんとか無事面接終了〜
とりあえず面接の結果はビザ申請には関係ないとのことで(←ホントかどうかわかりませんが)一安心

そして大使館を出て、ビザ申請へ。
またまたここでセキュリティーチェックが
(しかもなぜか何度通ってもアラームが鳴る・・・ 優しい人で通してくれましたが)

面接が結構早く終わったので
1時間も前に中に入って待っていましたが
予約の時間をすぎてもなかなか名前が呼ばれません(フランスっぽいな〜)
最終的には一番最後でした ナゼ?

書類を出してそれぞれまた質問が。
学生ビザは、自費(残高証明)か保証人かの書類がいるのですが
念のため残高証明+保証人の証明+雇用契約書の3つで出したところ
逆に書類が多すぎて怪しまれるはめに・・・ ウーン

いろいろ心配なこともありましたが指紋採取と写真撮影を終え、
そして旅行を控えていたためパスポートは後日提出ということでなんとか無事終了〜

審査には3週間ほどかかるそうです
却下されることもあるそうでドキドキしながら待つことに・・・



そして旅行後に再度パスポート提出の為、仕事を抜け出しこっそり大使館へ〜

ここでまた順番をのんびり待っていると最後になってしまうので
強引に空いた窓口へ行ってみた所
準備をするので待つように指示が

少し待っていると名前を呼ばれビザの説明が〜

ふふふそうなのです

ビザがおりたのです〜ヤッター

無事ビザ取得〜
ビザがとれてから発表を〜と思っていたのですが
なんだかバタバタしてしまいすでにまもなく〜

25日に出発です〜フフフ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。