マキキおきらく日記

ショコラにうつつを抜かす日々・・・ ボルドーからパリへ引っ越しました~
2010年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2010年11月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2010年10月
ARCHIVE ≫ 2010年10月
      

≪ 前月 |  2010年10月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

おフランスの旅3

6日目
Bordeaux
ボルドー観光。
ランチは素敵なレストラン「Le Regent」
鴨!巨大です!
そしてデザートはマカロン。おいしーい

そして街をブラブラと
鏡のようなところ

水で鏡になるのです

子供たちが(大人も)楽しそうでした

ボルドーは街もかわいくて、パリよりゆったりしている感じで心地よいです
普通のカフェもなんだか楽しいです
フランスのバスは、2両(時々3両もあった!)つながっていて見た目がオモシロイです
ランチにたくさん食べたせいか、全然おなかがすいていないのだけど
8時には(まだ明るい!)ディナーを
そしてボルドーナイト!

イルミネーションが綺麗でした

7日目
今日はサン=テミリオンSaint-Émilionへ(サンテミニョンかと思ってました)
ボルドーからは車で1時間くらいので行けます
途中の街(←名前忘れた)でランチ
そして引き続きお腹がいっぱいなので、軽めにしようとサラダのランチ。
お肉も入っていてボリュームが!ポテトもたくさんです。


そしてブドウ畑が広がってきました

サン=テミリオンへ到着
ここも小さくてかわいい街
大きな教会もありました

ワインカーヴ見学は時間がなくてできませんでした。
教会の見学。ガイドはもちろんフランス語でした。。
(日本語の説明の紙をもらいました。あるんですね日本語バージョン)
歴史には基本的にあんまり興味がないのだけれど(←覚えられないので)
歴史とか文化とか、わかってからそこを見ると
やっぱり深いものが感じられてもっと楽しく見られる気がしました
葡萄の小さな木も売っていました。かわいい!(日本へは持ち帰れないのが残念)

ディナーには、日本からのお土産のお好み焼きを!(←ばか)
フランスのキャベツは日本のものより柔らかく切るのが大変でした
そして、簡単にできるはずのお好み焼きに苦戦しつつもなんとか完成。
お味は・・・・うーん。秘密です
お口直し(←?)にチーズとマカロン間違いなしです

8日目
今日はパリにもどります早起きです。

電車は30分くらい遅れているみたいですみんなはのん気で面白いです
そしてまたポールで朝ごはん
ランチは素敵なホタテのグラタン。そしてケーキ
セーヌ川でお散歩中に突然の雨豪雨!そして少し、初のショッピングを
ディナーにネギのタルトおいしい〜
食べてばかりの1日でした

9日目
パリをレンタサイクルで移動

好きなところで借りて返せるので便利です。
ランチはまたまたボリューミーなお肉とポテト
そしてケーキ。

お友達と合流
リコンファームのために、ベトナム航空にいくものの土曜日で休み。。。
ラデュレ!(←混みすぎで行けず

凱旋門!

そしてエッフェル塔へ!

やーん、かわいい〜
時間なくて(←また?)登れなかったのだけど、やっぱり見るだけでテンションあがります。
エッフェル塔を眺めつつ、カフェで少しまったりと

そして誕生日パーティーのために急いで帰宅

素敵なディナーとチーズ・ワイン
そして素敵な家族。。。
素敵なフランスの時間でした

10日目
そして今日は帰国の日。(いや、まだまだ帰れませんが)
タクシーでシャルルドゴール空港へ
パリ→ホーチミンへ
恐ろしく揺れる飛行機
食事もほぼ強制終了でした

11日目
ホーチミン早朝7時到着。
リコンファームのためいろいろ聞くものの、
結局フライト2時間前じゃないとチェックインができないとのこと
インターネットチェックインも試したけど、予約されていないらしい。
大丈夫か。。。

とりあえずホーチミン市内へ向かう
またまたインフォメーションでタクシーをお願いする。(←懲りてない)
今回は問題なく到着。ま、近いので大丈夫でしょう

ベトナムの道路はすごいです
みんな運転はうまいですね

元大統領官邸へ

セキュリティが厳しく、入口で荷物チェックも
中にはカエルのオブジェも(←メインではない)

ランチコムニュウサイゴン「おこげが宙を舞う」との情報。
揚げ春巻きとおこげご飯を注文。
カンカンカーンと合図が。

そして2人の店員さんが、おこげご飯をキャッチボールのように投げた!!!
オモシロイ。
そして写真間に合わず・・・
3回目にして(←他の人の注文)やっと連射で写真を!
いや〜テンションあがります〜。おいしかったし

市場も活気付いてます


ディナー
そして定番フォー21

またまたフォーガー(チキンフォー)を。
そしておすすめされた謎の食べ物。
写真では4本セットで4000ドンくらいなので頼んでみると微妙・・。
頑張って食べた結果、お会計は16,000ドンだと
ナヌ?と聞いてみたら1本4000ドンだとさ。食べた分だけ請求させるらしい
恐るべしフォー21
いや、普通においしかったんですけどね

帰りは道でタクシーを(やっと慣れてきました)
そんなこんなで、無事空港へ
リコンファームができていなので心配しつつもなんとか1番にチェックインし、
無事席も確保よかった。。。


ハードな旅でしたが、いろいろオモシロイことがたくさんあった楽しい旅でした


また近いうちに・・・・ウフフ
スポンサーサイト

おフランスの旅2

2日目
パリ−シャルルドゴール空港に到着
飛行機で朝食はあったんだけどフランスなのでとりあえず「PAUL」

パンオショコラとクロワッサン
おいしい〜い

リヨン(パリ)に立ち寄りつつ、SNCFでSt LAZARRE→CAENへ
そしてCAENでレンタカーに
地図を購入するもいまいち怪しいのでオプションでナビを契約(←正解!)
フランスの道は恐ろしく難しい感じです(←気のせい?)
のどかな田舎の風景にうっとりしつつ
「La ferme d'Orgères」に到着


コテージを貸し切ってお友達の誕生日パーティーです
巨大なパエリアも登場(←食べられないけど)

素敵なパーティーでした
場所も素敵です
しかし時差ボケ+お酒により意識がもうろうと・・・オヤスミナサイ

3日目
ついにモン・サン=ミシェルウフフ
早起きしました〜

パン屋さんでパンオショコラ(←また?)を購入

3時間ほど車を走らせると
遠くのほうに念願のモンサンミッシェルのとんがりが!!!

テンションあがります〜


そしてモンサンミッシェルに到着!!!

早速有名なオムレットのお店「ラ・メール・プーラルー」へ

入口ではオムレットを焼く様子も見られます。
恐ろしいほどのバターと泡だてられた卵で巨大なオムレットが

すごくおいしかったけど、当分オムレットは遠慮したいです

モンサンミッシェルはとてもひろく素敵なところでした

しかも文化の日?なので無料でした
しかし見学時間が過ぎてしまい急いで外へ

夜は島外のホテルへ
お昼のオムレットにやられているので
ディナーはテンションあがらず近くのレストランで
野菜スープとクレームブリュレだけに

そして夜のモンサンミッシェルも

幻想的です。


4日目
早起きして夜明けのモンサンミッシェル見学に

朝日も素敵です

そしてヒツジも

突然現れました。テンションあがりました〜

帰りにもヒツジの集団が


そして名残惜しいのだけどモンサンミッシェルを後にして

ロワールへ

世界遺産「シャンボール城」

ダヴィンチの階段も見ました

とにかく広くて時間がたりないです。
(行くのが遅いのですが)
またまた見学時間終了となり追い出されました

夜はToursトゥールのお友達のお家へ
素敵なディナーを楽しみました(残念なことに写真なしなのです)

夜は素敵なシャトーへ宿泊
Chateau de Brou

チェックインの時間が大幅に遅れ
到着したのは夜中の2時←ばか
しかしやさしいムッシューは待っていてくれましたアリガトウ

5日目
朝食は素敵ブッフェ
(他の人たちはとっくに食べ終わっているようでした)
ショコラショーも

お庭の見学に

野生のシカがいるとの情報
シャトーのお姉さんにシカスポットを聞き、森に探しに行きました



シカ発見!
しかし逃げられた!後ろ姿をみかけたものの、写真にはおさまらず残念。

帰りにはイノシシの姿も
そういえば、昨日着いたとき、ウサギの群れもいました

とにかく素敵なシャトーでした
ゆっくりできなくて残念。


そしてToursトゥールに戻りレンタカー返却

Toursトゥール観光
トゥール大聖堂はステンドグラスが素敵でした


ランチの時間が過ぎていたのでどこのレストランも食事はできず
カフェでサンドウィッチを

のんびりとしたいい街でした

しかしTGVの時間がヤバイ
重いトランクを持って走り、なんとかギリギリ間に合ったのでした〜
(フランスにはコインロッカーがないのですね〜)

そして2時間
緊張のボルドーに到着

イメージのブドウ畑はありませんでした(←あたりまえ)

夜は素敵なディナーを(またまた写真なし。残念)
素敵なボルドーの夜はゆったりと過ぎていきました




そしてまだまだ続く。。。

おフランスの旅1 

すっかり冬のような寒さになってますね

うっかりお蔵入りに(←?)なりそうなのでそろそろ旅日記を


シルバーウイーク(←とは言わないかもだけど)はおフランスへ
(節約のためベトナム航空なのだけど)

行きは成田→ハノイ(ベトナム)8時間滞在→パリ
帰りはパリ→ホーチミン(ベトナム)16時間→成田
長旅です〜円高です〜(←いいのか?



1日目
ベトナム航空にて成田→ハノイへ

恐ろしく田舎(っぽくみえる)のノイバイ空港に到着。
時間がないのでインフォメーションセンターで
観光情報を入手。
インフォメーションのお姉さんに
往復のタクシーを手配してもらったところ、ボッたくられる(←噂通り)
1円=200ドンで両替(←ばか)
さらにお釣りはお姉さんのお財布より。謎。(いや、すでにおかしい)
お姉さんのお財布はヴィトンでした。儲かってます。

そしてなぜかドライバーは二人。大丈夫か
ベトナム人と間違われ、ベトナム語で延々謎の会話もあり。英語は話せない様子。
ドライブ気分の二人と一緒になんとか1時間半かかって無事ハノイ市内へ。

観光は時間の都合で少しだけ
大教会
最大のカトリック教会・ハノイ大教会。
パリのノートルダム教会を手本に作ったそうです。
フランス語の文字も多く見かけました。
文廟
ベトナムで最初にできた大学だそうです。


そしてメインはベトナム料理
食べるためだけでもベトナム降りた価値あり、と思うのです。
レストランQuan An Ngonクアンアン・ゴンへ。
完全に観光用の外国人向けレストランだけど、安全な食べ物を
フォーガーと生春巻き。
そして前に座っていたアメリカ人のおばあ様のおすすめスイーツを堪能
これは鹿児島のちまきの味がした(←名前忘れたけど)
もちろんベトナムコーヒーも飲んじゃいました
ベトナム料理に間違いなしです


ホアンキエム湖の夜景を眺めつつ(時間がなくてお昼の様子は見れませんでした)
迎えのタクシー待つ。
来ない。そして通り過ぎた。
よく見たら待ち合わせ場所に名前のカードを持ったお兄さんを発見ヨカッタ
今度は英語が通じました。無事空港へ。
インフォメーションのお姉さんには往復の料金を払ってたけど
何故かまた請求してきたお兄さん(←もちろん払いませんが)
ダメもとで言ってみたのか・・・

そんなこんなで無事飛行機に乗れました(←当たり前)

「おフランスの旅」なのにフランスは・・・(続く)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。